最善の決断は、最善の分析から。データ解析プラットフォーム ピーシーキッド アナライザー

製品

ピーシーキッドアナライザーは、3種類の予測メニューを用意しています。目的に応じて選択してください。

数量を予測したい

回帰問題は数量を予測することです。缶コーヒーの売り上げ本数を予測するなら数量なので、回帰問題になります。ディープラーニングを用いたDNN(Deep Neural Network)回帰、または統計データ解析を用いた回帰分析により数量を予測します。

確率を予測したい

識別問題は0=0%から1=100%までの確率を予測することです。ダイレクトメールの反応を予測するなら、反応なしを0、反応ありを1とすれば識別問題になります。0と1の二択だけではありません。購入商品の色の予測なら、「白」、「灰色」、「黒」といった、三択、四択も識別問題です。ディープラーニングを用いたDNN識別、または統計データ解析を用いたロジスティック回帰分析により確率を予測します。

時系列データを分析したい

時系列問題は、毎日の数量、毎月の数量、毎年の数量のようなデータから、未来の数量を予測することです。毎月の来客数から未来の月々の来客数を予測するなら、時系列問題になります。ディープラーニングを用いたRNN(Recurrent Neural Network)、または統計データ解析を用いたSARIMA(Seasonality Auto-Regressive Integrated Moving Average)分析により時系列データを分析します。

使い方の概要

(1) メニューの選択

メニューから分析手法を選択します。

(2) Excelファイルをアップロード

分析してほしいExcelファイルを、サーバにアップロードします。

(3) 質問に回答

データに関する質問に答え、分析を開始します。分析手法によっては、計算に時間がかかる場合があります。

(4) グラフの表示

分析手法によっては、分析結果のグラフを表示します。

(5) Excelファイルをダウンロード

分析手法によっては、分析結果をまとめたExcelファイルが、サーバからダウンロードできます。

ピーシーキッドアナライザーに興味を持たれたお客様のために、1週間無料でトライアル版をご用意しております。 (無料トライアルでは、分析できるExcelファイルは1,000行までです。) ページ先頭の「ログイン」をクリックすると、無料トライアルを使ってみることができます。 また、ピーシーキッドアナライザーの使い方も説明していますし、サンプルデータも利用できます。